未成年は個人ではNURO光に契約できない

未成年の人はNURO光に個人で契約する事はできません。

インターネット回線は基本的にどの回線も未成年では契約する事はできません。

結局契約できねーのかよって思うかもしれませんが、親の承諾があれば契約する事ができます。

未成年でも契約できるケースとは

そもそも未成年とはという話になるのですが、インターネット回線の契約においては未成年でも契約できるケースがあります。

未成年とは0歳~19歳の人の事を未成年と言いますが、インターネット回線の契約においては18歳や19歳でも高校を卒業していればNURO光に自分名義で親の同意なく契約する事ができます。

一方0歳~17歳の完全に未成年の人は仕事をしていてもNURO光に契約する事ができません。

また18歳であっても高校在学中の人はNURO光に契約する事ができません。

自分はどの未成年に当てはまるのか確認しましょう。

未成年や高校生がNURO光に契約するには

未成年の学生などがNURO光に契約するためには2つの方法があります。

未成年や高校生がNURO光に契約するには
  • 親の名義で契約してもらう
  • 親に同意書を記入してもらい自分名義で契約する

どちらの方法も親の助けを借りないといけない事に変わりはありません。

未成年の場合は仕方ないとしか言えないのですが、親の助けを借りながらNURO光に契約できる確率を上げる方法をいくつか紹介していきます。

口座振替なら一緒に住んでいなくても契約できる

親の名義で契約してもらうという事には変わりませんが、一緒に住んでいなくても口座振替なら親の名義で親の口座から口座振替が可能です。

しかし同じ苗字の家族でなければいけません。

クレジットカード決済の場合、家族で苗字が一緒でも親のクレジットカードから支払いをする事はできません。

つまり一人暮らししていたとしても親を説得する事さえできれば手間なくNURO光に契約することができます。

親に同意してもらい自分名義で契約する

最もおすすめするのがこの方法です。

手間いらずで自分名義で契約できる方法ですが、もちろん親の同意が必要です。

何故手間がかからないのかと言うと親に同意書を書いてもらう必要はありません。

WEBからの申し込みの際に親の同意の有無を確認するチェックボックスにチェックを入れるだけだからです。

また自分名義で契約する事ができるため成人した時にわざわざ名義変更する必要がありません。

親を説得するために必要事とは

親を説得するにはそれなりの理由が必要です。

私自身営業をやっていましたが、商談の際には理由付けを行います。

NURO光に乗り換えまたは新規で契約する事でどのような効果があるのかを説明するのが大切だと考えています。

例えば自宅にネット環境がある事で調べものが捗り勉強しやすくなる。

またプログラミングの勉強をしたいからNURO光に契約したいなど理由を付け思いをぶつけてみましょう。

親は子供が頑張ろうとする事を止めたりする人はなかなかいません。

応援したくなるのが親の気持ちです。

最後に成人したら自分名義に変更して自分のお金で支払う事を約束するとさらに確率が上がると思います。

NURO光公式サイト詳細はこちら
クレジットカードがなくても契約できる方法とNURO光公式サイトのキャンペーン内容などを紹介しています。